松島朋宣MatsushimaTomonobuシェフ 〜9月のお料理〜

2010年09月16日 22:49

神戸“Cuisine Franco-Japonaise Matsushima(キュイジーヌ フランコ・ジャポネーズ マツシマ)”の松島シェフの9月のレッスン。 シェフと生徒さんの距離の近さが、何よりもこのレッスンの良さであり、特徴だと思います。 まず、本日のお料理の説明があります。この日のメニューは、 ☆伝助穴子のコンフィ ジャガイモとフォアグラ〜コニャック、マデラ、マッシュルームのソース〜 ☆豚フィレ肉のココット焼き 夏野菜を添えて〜バジルとトマトのソース〜 ☆豆乳のブランマンジェ〜ジンジャーのコンポート〜の3品。 『フォアグラ!!』 家庭料理のレッスンでフォアグラが登場したのには、生徒さんもびっくり。神戸の松島シェフのお店で開催しているお料理教室の生徒さんの中には、ご家庭でフォアグラを調理されている方もいらっしゃるそうです。 そんな楽しい会話からレッスンは始ります。レッスンの中で調理作業を、シェフは生徒さん一人一人に分担して説明していきます。 『○○さん、豚肉に塩をしておいてください。』『じゃあ、△△さんは、野菜を焼いていきましょう。』 こうして、お料理が一つ一つ完成していきます。生徒さんも疑問に思ったことは、質問してその場で解決できるのでお料理のコツを自分のものにできます。 伝助穴子のコンフィ、本日は竹本油脂さんの太白胡麻油をたっぷり。
RIMG0018.JPG
フォアグラを焼く工程です。ポイントは弱火で低温でじっくり焼くこと。
RIMG0028.JPG
出来上がったお料理をシェフが盛り付けをします。盛り付けの勉強にもなります!
RIMG0047.JPG
本日もレッスンの傍ら、“おうちパンシリーズ”で講師をしてくださった千葉さんがパンを作ってくださいました。いつも松島シェフのお料理に合わせてパンを作ってくださいます。最高のコラボですね! ☆青のりのグリッシーニ、みょうがのパン、レモンピールのパン
RIMG0030.JPG
☆伝助穴子のコンフィ ジャガイモとフォアグラ 〜コニャック、マデラ、マッシュルームのソースレストランでもなかなかこのヴォリュームのフォアグラはいただけません!!
RIMG0034.JPG
☆豚フィレ肉のココット焼き 夏野菜を添えて バジルとトマトのソースルクルーゼのお鍋を使って、簡単調理♪なのにおどろくほど柔らかい豚フィレ肉。早速家でもやってみようかな、と思える一品でした。
RIMG0050.JPG
☆豆乳のブランマンジェ〜ジンジャーのコンポート〜本日の豆乳はシェフのお勧めの湯葉屋さんから。
RIMG0055.JPG
試食後も、生徒さんとシェフの情報交換(?)で大盛り上がりのレッスンでした。 10月は10月13日(水)。旬のお魚を使った塩釜と、お野菜のテリーヌの予定です。ご予約お待ちしております。 TableOcean Yoneda

|

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tableocean.co.jp/mt/mt-tb.cgi/11

コメントを投稿

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ち下さい。
 

スタイル用のHTMLタグが使えます