プレママLife*〆鯖

2011年01月31日 11:14

先週末、近所の魚屋でキレイなマサバが売っていたので〆鯖を作りました。


前回のブログでも書きましたが、今は市販の酢を使ったものが食べれません・・・


でも「〆鯖にしたらおいしいよ〜」って言われたしなぁ。
家族が大好きなので、せっかくきれいな鯖だし〆鯖にしよう!
10月にTableOceanのレッスンで焼き〆鯖を作って以来、
自家製の〆鯖のおいしさの虜になっています♪


つわりで寝込んでしまってから、包丁をまともに使わない日が
一カ月強続いてたので、リハビリも込めて魚の三枚おろしです。


〆鯖が食べれない私と子どもは、子持ちカレイがおいしそうだったので
新ゴボウと一緒に煮付けました。


つわりで魚のにおいや、脂がしんどいという人でも、
白身魚ならおいしく食べれると思います。
特に、カレイは離乳食でもよく使われるように、淡泊な白身で消化に良い魚。
良質なタンパク質をとるためにも、食べてくださいね。


私は焼き魚等は今は苦手ですが、このカレイの煮付けはおいしく食べれます。
普段よりあっさりめの味付けにすることがポイント。


〆鯖ですが、これは1日漬けたものです。
個人的には半日くらいがマイルドで好きです。
家にあったいろんな野菜を千切りにしてあしらいに。

RIMG3588b.JPG


一枚目を焼き〆鯖にしようと思って失敗・・・(写真にも失敗の後が・・・)
2枚目は主人が串を上手く使って表面を焼いてくれました。。。


寒サバも終わりの時期に近づいてますが、
自分で作った〆鯖はなんとも言えないおいしさです!
鯖は鮮度の劣化が早い魚なので、私は近所で評判の魚屋で買うようにしています。
(なんとなく安心!)


作り方はTableOceanHPの
“クッキングスクールのご案内”⇒“料理レシピ”
10月のお料理『焼き〆鯖と生姜酢』をご覧ください。
http://www.tableocean.co.jp/studio/recipe_detail.php?recipe_no=169


TableOcean Yoneda

プレママLife*柚子の香り

2011年01月25日 15:13

“つわり”は人それぞれ違うみたいですね。
ほとんどつわりがなく、そのまま出産を迎える人もいたり、水も飲めなくなってしまって入院してしまう人もいるようです。


私は、どちらかというと後者に近いでしょうか。
入院とまではいきませんが、一人目の時は点滴をうちながら過ごしました。
『二人目は軽いらしいよ』という噂を耳にして、期待してましたが、今回も40kg中盤あった体重が30kg代まで減ってしまいました。(今は食べれるようになって体重も戻ってきました♪)


お料理を作る仕事をしているのに、食べものを見るのも、においもすべて体が拒否。
食材の写真や映像さえもダメでした。
本当になさけないなぁ・・・
そんな究極につらい時期も乗り越えて今は13W目。つわりもだいぶ落ち着いてきて、キッチンにも立てるようになりました。まだまだ食べれないものはありますが、作れるようになったこと、本当に嬉しいですね^^
お料理が作れるようになった今、つわりと上手につきあいながら食べれるものを紹介します。
あくまで私個人の味覚ですので、ご了承ください。


今我が家で大活躍しているのは『柚子』です。

RIMG3586.JPG


妊娠中は酸っぱいものが食べたくなる、という話は昔からよく聞きますね。
ところが私の場合はまったくダメでした。梅干し、酢のもの、食べると確かにさっぱりしますが、胃酸の分泌が促進されるからでしょうか。食べた後ひどい吐き気におそわれ・・・というような状態です。
それでも口の中がさっぱりするものが食べたい、矛盾した欲求ですよね。


そんな中、12W目頃に発見。
柚子が私の食欲を取り戻してくれました。
私の実家は柚子の産地で、毎年送ってきてくれます。匂いにとても敏感になっていますが、柚子の香りを嗅ぐだけで心身ともに落ち着きました。


かぶと昆布と柚子の皮を少しきざんで、果汁を少し絞って軽く塩もみした、“かぶの浅漬け”を毎日食べて癒されていました。
赤目いもと椎茸を味噌煮にして柚子の皮を刻んでちらしたり。
本当は柚子味噌を練ってかけて食べるますが、手間を減らすために味噌煮に。
肉の下味にも、今は柚子酢を使っています。(加熱をしてもほんのり柚子の香りが残ります)
和風の“だし”の香りがダメで調理法に困っていた時の救世主!


柚子の皮は冷凍保存ができます。新鮮なうちに皮を冷凍。果汁は絞って“柚子酢”として使います。
柚子酢は冷蔵庫で一年くらいもちますが、今年はすぐに無くなってしまいました。

ポイントは使いすぎないこと。
果汁も皮もほどよく香るくらいがちょうど良い。
柚子に含まれるクエン酸が、疲れやすい妊婦の体を助けてくれるような気がします。


試してみてくださいね。


TableOcean Yoneda

プレママLife*食べる大切さ

2011年01月20日 11:52

昨年からスタートしたLabocafeブログ。
主に担当してました私が、この度二人目を妊娠。


きちんと子どもが育ちにくい体質になっていたのでスタジオのお仕事はしばらくお休みさせていただいてました。


『日々の生活の中のこと、書いてみたら?』


先生から温かい言葉をいただいて、新米ママなので恐縮ですが、簡単なことをブログアップすることに。
本当にありがとうございます。
もちろん、お料理や食のことなどがメイン。


感じること、思うこと、体調のこと、人それぞれ違います。妊娠中はいろんなことに敏感になる人もいれば、そうじゃない人もいます。
それでも、ほとんどの方が、気をつかうのは『食べるもの』の事じゃないでしょうか。


赤ちゃんとママの体は直結しています。それだけ、ママの栄養管理は本当に重要。
たとえば、カフェインが気になるから大好きなコーヒーをやめよう、アルコールは良くないからお酒は控えようとか。


妊娠すると本当に自分の体が自分でなくなるみたいです。
体もいろんな部分で妊娠前と比べて変わっていきますが、 “意識”、心もそうだと思います。


今回二人目を妊娠して思うこと。それは『TableOceanでお料理を勉強して本当に良かった』と正直に思いました。(手前みそですね・・・すみません。)
一人目の時、特につわりの時期に食べれるものがなくて本当に苦しみました。
でも今は、つわりの時期ですが、自分が食べれるものを家族にもおいしく食べてもらえれるように工夫して作れます。


進歩ですね。
TableOceanから学んだ素材を見ること、良い調味料を使うこと、丁寧にお料理を作ること。
今更ですが大切だなぁとしみじみ。


まだまだ新米で勉強・経験を積み重ねている途中のママですがこんな風に、日々感じたこと等をこのブログでつづっていきたいと思います。
気軽に読んでいただけたら幸いです。しばらくの間宜しくおねがいします。


TableOcean Yoneda