Table Ocean Cooking Studio
テーブルオーシャン・クッキングスタジオ

2011年02月15日

400年前のパンの味 ダイフェカータ

2月15日から4日間幕張メッセで開催されるMOBAC SHOW 2011. 国際製菓製パン関連産業展に行ってきました。2年前、4年前の流れでだと、ベーカーズプロダクションのブースで、西川功晃シェフシェフのお手伝いスタッフ。今年は自分自身の仕事もあり、エプロンをつけることはありませんでした。でも、このブースは私にとってはいつもお世話になっている人たちばかりがいるので、滞在時間も多く、あまり大きな声では言えませんが、鎧塚シェフとのツーショット写真もばっちり撮ってもらえました。

他のブースもまわりましたが、ドイツのウェルカー社のパン用オーブンのブースにはZOPFの伊原靖友シェフが実演されていました。マダムも一緒に。そこで私が初めて知ったダイフェカータ。「悪魔の牡猫」と呼ばれるパンの名前です。
ダイフェカータのことをもう少し詳しく知りたい方はhttp://www.kongaripanda.com/626.html
伊原シェフのこのパンを頂き、お家に帰ってスライスして、400年前の味を楽しみました。

nekonosune.jpg

2011年02月14日

コンセプトの具現化

久しぶりのFOOD DAIRY、つまりブログです。St.Valentainの今日の打ち合わせはTable Oceanの将来のサイトについて・・・。今年一年構想、2012年新たなサイトオープン!という企画を現実化していくための打ち合わせ。あと2〜3年ははHPやブログは必須要素ということで、まずは久しぶりにまたスタート。 “今日からまず、何かを始めましょう”ということだったのですが、Now、17日夜。でも、気分は14日に戻っています。 私の仕事の一部、食品メーカーさんのコンセプトの具現化の作業。これもそのひとつ。まずは地道なところからはじまり、でも、おいしくつくる!これが私の、Table Oceanの作業。安価な加工食品であっても、第一歩はおいしい!と評されるものを作ります。昨年、イギリスでみたものが私のイメージのベースにあり、コンセプトにマッチする。さらに、使い方の工夫で簡単にメニューを広げることができる、というもの。

hamupe-suto.jpg